高卒から看護師へ

最終学歴が高卒だからといって、看護師になる夢を諦める事はありません。病院や施設に直接「看護師をしたいです」と言って雇って貰う事は無理ですが、次のルートを通って目指す事が出来ます。

まず、看護師になる為にはその為の試験を受けなくてはなりません。そして、この看護師国家試験を受ける為には、その受験資格を得る為に指定された学校で学ぶ事が必要となります。
看護師受験資格を得るのに指定された学校は次の3つです。

(1)看護大学(4年制)
(2)看護専門学校または総合カリキュラム校(4年制、または3年制)
(3)看護短期大学(3年制)

この3つのうち、どれか1つを必ず卒業。同時に、看護師国家試験受験資格が得られます。そしてこの試験に見事合格する事で資格を取得、看護師として働く事が可能となります。中には、高卒から時間が経ち社会人として生活する人も多いでしょう。しかし、看護師は今とても不足している状態。なんとしても増やしたいですからご安心を。夜間制や定時制、または通信制といったように様々な通学スタイルが用意されています。ぜひ、あなたにあったスタイルを選んでみて下さい。さて、中には病棟だけでなく、介護施設や学校など様々な場所での就職を希望する方も少なくないのではないでしょうか?そういった看護師からさらなるステップアップを目指す場合はこんな道をどうぞ。

(1)看護大学と看護専門学校、共に4年制の場合はそのまま保健婦国家試験、助産婦国家試験
(2)看護短期大学と看護専門学校、共に3年制の場合はさらに看護短期大学(専攻科)、助産婦学校、保健婦・保健士学校のいずれかを1年通った上で同国家試験

なかなか長い道のりではありますが、これでも高卒の人は早くなれる方です(国家試験に合格すればですが…)。その証拠に、中卒の方はさらに高校卒業資格というものが必要になるのですから。 また、大学であろうと専門校であろうと、その費用はバカになりません。少し社会人経験をしつつお金を貯めても、なんらそのブランクに支障はないのです。むしろ、少しOLなどをしていた方が、より豊富な人生経験を積んでいるという事で評価されます。 お年を気にする方もいるかと思いますが、ちょっと看護師になるのがゆっくりだっただけ。入ればみな一年生なのですから、気にせず看護師人生を謳歌してみてはいかがでしょうか?夢に早いも遅いもありません。

さらなるステップアップは、保健師資格を活かし、病院の外で活躍することです。OL経験や社会人経験があれば、尚有利に活躍の場を広げられると思います。看護の世界しか知らない人よりも視野が広い分、家庭・学校・企業でのちょっとした気付きが評価されるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です