熟練看護師としてのキャリアアップ

看護師国家試験に受かり、看護師になれたからと言って、そこで終わってはいけません。看護師としてどうやってキャリアアップしていくかが、これからの看護師人生において最も重要になってくるのです。看護師資格を取得し、看護師になると、新人の頃は毎日が目まぐるしく過ぎていくだけで、将来のことを考える余裕などないかもしれませんが、病院に勤務し何年か経つと、仕事の要領も覚えてきます、そこから考えるのがこれからのキャリアアップについてではないでしょうか。

看護師としてキャリアアップするには、認定看護師や専門看護師などの資格を取ることの他にも、助産師に転職したり、保健師、企業看護師に転職したりと、治験コーディネーターになったりと様々なキャリアアップの方法があります。しかし転職を考えている場合は別として、働きながら更に上の資格を取るというのは簡単なことではなく、かなり困難になってきます。特に認定看護師などは日本看護協会が定めた教育課程を6か月という期間で受けなければならず、昼間に行われる研修に参加しなければならないため、働きながらというのはできません。ほとんどの場合、休職して、資格取得に専念しなければなりません。そうなると気になるのがお給料。現段階では研修中にお給料を出してくれるところは少なく、経済的に余裕がないと資格取得も難しいです。その代わりに、認定看護師の資格を無事取得することが出来て、認定看護師を募集している病院に勤務した場合は、年収がグーンとアップします。お給料面だけでなく、自分の得意分野の看護ができるため、やりがいを感じることも多いです。キャリアアップは努力が必要で、簡単なことではありませんが、確実に自身のためになることなので、積極的に行っていくことが大切です。

認定看護師の他に、保健師を目指す人も多い。看護大学を卒業し看護師免許と同時に取得する人もいますが、十分すぎるくらいの看護師技術をもった方が保健師になるというのも魅力があります。小児科勤務から自治体の福祉課で活躍する人・内科勤務から訪問看護師さらに保健師として活躍する人もいます。年齢がますごとに熟練度もあがる看護師だからできるスーパー転職術ですね。給与は高額ではありませんが自分のマインド・自分の活動の仕方が前に出る仕事なので、立ち仕事で疲労し人生を終わるより断然やりがいを感じるのではないでしょうか。

30代の看護プラス」には保健師のことが詳しくまとめられています。
看護師の第二の人生として保健師を考えている人は、必見のサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です